便秘にいいマッサージってあるの?

『便秘にいいマッサージってあるの?』

 

便秘になってしまう原因はいくつかあるでしょう。

 

そのうちのひとつが、腸への刺激が少ない、といったことがあります。

 

こうなるのは、たとえば食事の量が少ないこと。「ダイエット」として、単に食事の量を減らすような人がいます。が、便意をもよおすには、食べ物がある程度腸にたまって、腸の壁を押す必要があります。

 

余りに少ないと、一食当たりの量は少ないとはいえ、気がつくと古い便が積もり積もり、結果として便秘となる可能性もあります。

 

よく便秘の対策として、「食物繊維の含まれた食材を積極的にとりましょう」とか「水分の補給を忘れずに」といったことが言われます。これらは、「便の体積を増やす」ということを狙っています。

 

また、腸を直接的に刺激する方法も有効です。つまりマッサージです。もっともシンプルなものをご紹介しましょう。

 

まずは、仰向けになります。で、おへその周囲を時計回りでさすります。

 

次に、おなかをへこませて、全体を順番に指で圧迫してみましょう。どこか特に痛みを感じるところが発見できるのではないでしょうか。そこを重点的にもみほぐすようにしましょう。といっても、力を入れてはダメです。

 

で、最後にヘソより下のおなかをさすります。上から下への一方通行です。中にあるものを押し下げる意識でやりましょう。右端から始め、最後が左端です。

 

即効性のあるようなものではありません。が、二、三カ月続ければ、おそらくはかなり便秘は軽傷になっているはずです。